労災請求

労災請求

仕事中にケガをした場合,労災保険の請求ができます。
会社が労災保険の手続きをしてくれない場合は,労働者自ら労災保険の請求ができます。
法律事務所エソラは,弁護士が労災保険へ請求を代理人として行います。

後遺障害申請

後遺障害

労災事故で後遺障害が残った場合,労災保険で後遺障害の申請ができます。
法律事務所エソラは,弁護士が労災保険の後遺障害申請を代理人として行います。必要に応じて,病院・労基署での面談に弁護士が同行します。

会社への損害賠償請求

賠償請求

労災事故の発生について,会社に安全配慮義務違反がある場合,会社に損害賠償請求できます。
法律事務所エソラは,弁護士が会社への損害賠償請求・訴訟提起を行います。

労災(労働災害)の被害に遭われた方へ

労災保険の給付だけでは不十分なことをご存知ですか?

 仕事中の事故によるケガ等が労災と認定されると、労災保険から給付を受けることができます。

 しかし、労災保険の給付だけでは十分ではありません。たとえば、休業中の収入を補償する休業補償給付は、特別給付金と合わせて給料の約80%の支給にとどまります。また、労災保険からは、慰謝料はまったく支給されません。

 労災事故の発生について、会社に安全配慮義務違反がある場合、労災保険でカバーされない損害を会社に請求することができます。

労災に関して、こんなお悩みはありませんか?

  1. 労災事故にあったのに、会社が労災の手続きをしてくれない
  2. 労災の手続きがわからない
  3. 症状固定と言われたが、後遺障害の等級が正しく認定されるか不安
  4. 労災事故にあったので、会社に対して損害賠償をしたい
  5. 家族が過労死・過労自殺で亡くなった

労災について,弁護士にご相談ください。

  • 弁護士に相談すると,今後の手続きの流れ,選択すべき手続きがわかります。
  • 弁護士に相談すると,労災保険についての労基署の判断が適切かがわかります。
  • 弁護士に相談すると,会社へ損害賠償可能かがわかります。

労災について,弁護士に依頼するメリット

  • 弁護士が会社に対し、労災保険の請求に必要な資料の提出を要請します。
  • 弁護士が労基署に、労災保険の請求をします。
  • 障害(保障)給付(後遺障害)の請求手続きを弁護士に依頼できます。
  • 弁護士が損害賠償請求可能か判断し、賠償額の計算・請求をします。
  • 弁護士が過労死・過労自殺の労災保険請求、使用者への損害賠償請求をサポートします。

労災の手続きの流れ

労災保険の請求

事業所(会社)を管轄する労基署に労災保険の請求を行います。

通常、会社が請求手続きをすることが多いですが、労働者の行う手続きを代行しているだけです。

会社が手続きを行わない場合は、原則どおり、労働者が請求します。

STEP
1

審査請求・取消訴訟

労災保険の不支給決定、後遺障害等級が低い場合、審査請求を行います。

審査請求によっても、当初の決定が覆らない場合、取消訴訟を提起し、争います。

審査請求を行う前に保有個人情報開示請求を行うと、労基署の判断がある程度わかります。

STEP
2

会社への損害賠償請求

労災保険は、慰謝料が支給されない等、その給付は必ずしも十分ではありません。

労災事故の発生について、会社に法律上の責任がある場合、会社に対して損害賠償請求ができます。

※常に会社に対して損害賠償請求できるわけではありません。

STEP
3

法律事務所エソラの特徴

  • 法的な専門知識によるサポートを受けられます。
  • 会社への損害賠償はもちろん、労災保険の請求手続きから受任しています。
  • 相談料・着手金0円

  ※無料相談は,労働者側限定で初回30分程度です。

  ※着手金が必要な場合もあります。弁護士へお問い合わせください。

  • 阪急淡路駅すぐの事務所でアクセスが便利です。

よくあるご質問

労災のことはどのタイミングで弁護士に相談すればいいですか?

弁護士に労災の相談するのは、どのタイミングでも構いません。

※ただし、審査請求など請求できる期間が決まっている手続もあります。早めのご相談をおすすめします。

弁護士に労災を相談するのに費用はかかりますか?

労災の相談は、無料です。

法律事務所エソラは、労働者側の労災の相談の初回30分程度は無料です。

※30分を大きく超過した場合は、30分ごとに5,500円(税込)の相談料がかかります。

弁護士に労災を相談すると、必ず依頼しないといけないのですか?

相談だけでも結構です。

弁護士に労災を相談しても、必ず依頼いただく必要はありません。初回相談は無料です。まずは、ご相談ください。

労災に関する資料がなくても弁護士に相談できますか?

資料がなくても弁護士に相談できます。

労災に関する資料がお手元になくても、弁護士に相談することができます。

PAGE TOP
MENU