労災に強い大阪・淡路駅前の法律事務所エソラ

労災(労働災害)の被害に遭われた方へ

労災に関して,こんなお悩みはありませんか?

 労災事故にあったのに,会社が労災の手続きをしてくれない

 労災事故に遭ったので,会社に対して損害賠償請求したい

 症状固定と言われたが,後遺障害の等級を正しく認定されるか不安

 家族が過労死・過労自殺で亡くなった

 

弁護士にご相談ください。

 弁護士が労基署に,労災保険の請求をします。

 弁護士が賠償請求可能か判断し,賠償額の計算・請求をします。

 障害補償給付の請求手続きを弁護士を依頼できます。

 弁護士が,過労死・過労自殺の労災保険請求,使用者への損害賠償請求をサポートします。

労災の手続きの流れ

①労災保険の請求
事業所を管轄する労働基準監督署に労災保険の給付請求を行います。
通常,会社が請求手続きを行うことが多いですが,労働者が行う手続きを代行しているだけです。
会社が手続きをしない場合は,原則どおり,労働者が請求します。
②審査請求・取消訴訟
労災保険の不支給決定・後遺障害の等級が低い場合は,審査請求を行い,争います。
審査請求によっても,当初の決定が覆らなかった場合は,取消訴訟を提起し,争います。
審査請求を行う前に保有個人情報開示請求を行うと,労基署の判断がある程度わかります。
③会社への損害賠償請求
労災保険は,慰謝料が支給されない等,その給付は必ずしも十分ではありません。
労災事故の発生について,会社に法律上の責任がある場合,会社に対して,損害賠償請求できます。

法律事務所エソラの特徴

 法的な専門知識によるサポートが受けられます。

 会社への損害賠償はもちろん,労災保険の請求手続きから受任しています。

 相談料無料,着手金0円

  ※無料相談は,労働者側のみで初回30分程度です。

  ※着手金が必要な場合もあります。弁護士にお問い合わせください。

 阪急淡路駅すぐの事務所でアクセスが便利です。

お知らせ

労災の審査請求で後遺障害の評価の誤りを指摘し,併合9級を獲得した事例

法律事務所エソラで解決した事例の中から,労基署長による後遺障害の評価の誤りを指摘し,後遺障害等級併合9級を獲得した事例を紹介します。 労災事故の概要  1500tプレスの搬入据付作業中に,事業場のレッカーと60tリフター …

労災のえそらごと

労災保険給付の遅延損害金への充当(労災の損害賠償)

損害賠償から労災保険の休業補償給付を損益相殺するに当たって,遅延損害金から充当することができると判断した裁判例を紹介します。 東京高裁平成28年8月31日判決  東芝うつ病事件の差戻審です。最高裁平成27年3月4日大法廷 …

地下作業による眼球震盪症の労災認定基準

地下作業による眼球震盪症の労災認定基準について取上げます。 地下作業による眼球震盪症  労基法施行規則は,業務上疾病を例示列挙していますが,例示列挙されている疾病以外に,物理的因子によるさらされる業務に起因することが明ら …

労働者の基礎疾患と労災認定

労災の認定に当たって,被災労働者の基礎疾患が問題になった最高裁判決を紹介します。 大館労基署長事件(最高裁平成9年4月25日判決)  業務に従事中に付近に重量物が落下して顔面を負傷するという事故にあった日の2日後に非外傷 …

債務不履行構成と遺族固有の慰謝料請求権(労災の損害賠償)

安全配慮義務違反に基づく損害賠償請求の場合,遺族固有の慰謝料を請求することができないと判断した最高裁判決を紹介します。 大石塗装・鹿島建設事件(最高裁昭和55年12月18日判決)  労働災害の被害にあった労働者が死亡した …

タール様物質による疾病の労災認定基準

タール様物質による疾病の労災認定基準を取上げます。 タール様物質による疾病の認定基準について(昭和57年9月27日基発329第2号)  タール様物質のばく露する作業に従事した労働者に発症した疾病については,この認定基準に …

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 法律事務所エソラ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.