労災に強い大阪・淡路駅前の法律事務所エソラ

労災のえそらごと

  • HOME »
  • 労災のえそらごと

通勤起因性に関する裁判例(労災の要件)

通勤災害に関して通勤起因性が問題になった裁判例を紹介します。 大阪南労基署長事件(大阪高裁平成12年6月28日判決)  通勤途中に,宗教団体の信者に殺害された事案で,通勤災害には当たらないと判断した判決です。 裁判所の判 …

示談による損害賠償の免除と労災保険給付

示談による損害賠償債務の免除と労災保険の関係について判断した最高裁判決を紹介します。 小野運送事件(最高裁昭和38年6月4日判決)  労災の被災労働者が,加害者である第三者と示談を行い,損害賠償債務を免除した場合の労災保 …

金属水銀・アマルガム又は水銀化合物による疾病の労災認定基準

金属水銀・アマルガム又は水銀化合物による疾病の労災認定基準を取上げます。 金属水銀・アマルガム又は水銀化合物による疾病の認定基準について(昭和52年1月10日基発第13号)  金属水銀・アマルガム又は水銀化合物による疾病 …

労災保険の損益相殺と費目拘束

損害賠償請求において,労災保険を損益相殺する際に費目拘束があると判断した最高裁判決を紹介します。 東都観光バス事件(最高裁昭和58年4月19日判決)  労災保険の障害補償一時金及び休業補償給付を慰謝料から控除することがで …

使用者による労災保険への代位請求の可否

使用者が損害賠償を支払った場合,労災保険へ代位することができるかどうかについて判断した最高裁判決を紹介します。 三共自動車事件(最高裁平成元年4月27日判決)  安全配慮義務違反に基づく損害賠償請求において,労災保険から …

アルキル水銀化合物による疾病の労災認定基準

アルキル水銀化合物による疾病の労災認定基準を取上げます。 アルキル水銀化合物による疾病の認定基準について(昭和51年8月23日基発第602号)  アルキル水銀化合物による疾病については,この認定基準に従って,労災認定が行 …

労災認定の要件に関する最高裁判決

災害性の傷病等が業務上の事由によると認められるための要件について判断した最高裁判決を紹介します。 十和田労基署長事件(最高裁昭和59年5月29日判決)  労働者の通勤途上において発生した災害が業務上災害になるかどうかが争 …

安全配慮義務に関する最高裁判決(労災の損害賠償)

労働契約関係に入った使用者が安全配慮義務を負うと判断した最高裁判決を紹介します。 川義事件(最高裁昭和59年4月10日判決)  使用者の安全配慮義務は,労働契約法5条に規定されていますが,その基礎となった最高裁判決です。 …

安全配慮義務違反の主張・立証責任(労災の損害賠償)

安全配慮義務違反に基づく損害賠償請求に関して,主張・立証責任について判断した最高裁判決を紹介します。 航空自衛隊芦屋分遣隊事件(最高裁昭和56年2月16日判決)  国の国家公務員に対する安全配慮義務違反を理由とする損害賠 …

通勤災害と通勤起因性(労災の要件)

労災保険の通勤災害の要件である通勤起因性について取上げます。 通勤起因性  通勤災害が認められるには,生じた災害と通勤との間に相当因果が存在することが必要です。これを通勤起因性といいます。  通勤は,業務行為と異なり,態 …

1 2 3 18 »
PAGETOP
Copyright © 法律事務所エソラ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.