大阪労働局から平成30年度の「過労死等の労災補償状況」が公表されていましたので,その概要を紹介します。

平成30年度過労死等の労災補償状況

 厚労省から公表された,平成30年度脳・心臓疾患の労災補償状況は,すでに紹介しました(平成30年度脳・心臓疾患の労災補償状況参照)が,大阪労働局からも平成30年度「過労死等の労災補償状況」が公表されています。今回は,その内,大阪労働局管内の平成30年度の脳・心臓疾患の労災補償状況について紹介します。

平成30年度脳・心臓疾患の労災補償状況

 平成30年度は,90件の請求があり,37件が労災と認定されました。全国では877件の請求件数があったので,大阪労働局管内の請求件数は,約10%ということになります。その内,過労死は,21件の請求件数に対し,労災と認定されたのは11件でした。なお,請求件数は,平成29年度より33件減少しています。

業種別の請求件数

 業種別で最も請求件数が多かったのは,運輸業・郵便業の19件(内7件が過労死)でした。以下,製造業の13件,宿泊業・飲食サービス業の12件と続きます。

業種別の認定件数

 業種別で最も労災と認定された件数が多かったのは,運輸業・郵便業の14件(内5件が過労死)でした。以下,宿泊業・飲食サービス業の7件,製造業の6件と続きます。

職種別の認定件数

 脳・心臓疾患で労災と認定された職種で最も多いのは,輸送・機械運転従事者の13件(内4件が過労死)でした。以下,サービス職業従事者の7件,生産工程従事者の4件と続きます。

年齢別の認定件数

 年齢別でみると,50代の15件が最も多く,次いで40代の12件,60代以上の7件と続きます。

時間外労働時間別の認定件数

 評価期間1か月では,100時間以上120時間未満の8件が最多となっています。

 評価期間2~6か月における1か月平均では,80時間以上100時間未満の13件が最多となっています。80時間未満での認定件数は0件です。