令和3年労働災害発生状況

厚労省から令和3年の労働災害発生状況の分析等が公表されました。その概要を紹介します。

労働災害発生状況の概要

 令和3年の労働災害による死亡者数は、867人でした。前年比で65人・8.1%増加しています。その内、新型コロナウイルス感染症にり患した労災による死亡者数は89人でした。前年比71人・394.4%増加しています。

 令和3年の労働災害による休業4日以上の死傷者数は、14万9,918人でした。前年比で1万8,762人・14.3%増加しています。その内、新型コロナウイルス感染症にり患した労災による死傷者は、1万9,332人でした。前年比で1万3,291人・220%増加しています。

業種別の死亡者数

 業種別の死亡者数の上位5つは、以下のとおりです。

 ①建設業:288人

 ②製造業:137人

 ③陸上貨物運送事業:95人

 ④商業:72人

 ⑤農業・畜産・水産業:41人

事故類型別の死亡者数

 事故類型の死亡者数の多い主要なもの4つは、以下のとおりです。

 ①墜落・転落:217人

 ②はさまれ・巻き込まれ:135人

 ③交通事故:129人

 ④激突され:62人

業種別の死傷者数

 業種別の死傷者数の上位5つは、以下のとおりです。

 ①保健衛生業:2万9153人

 ②製造業:2万8605人

 ③商業:2万2408人

 ④陸上貨物運送業:1万6732人

 ⑤建設業:1万6079人

事故類型別の死傷者数

 事故類型の死傷者数の多い主要な5つは、以下のとおりです。

 ①転倒:3万3672人

 ②墜落・転落:2万1286人

 ③動作の反動・無理な動作:2万0777人

 ④はさまれ・巻き込まれ:1万4020人

 ⑤切れ・こすれ:7638人

 ③動作の反動・無理な動作は、腰痛等が該当する類型で前年比8.7%増でした。また、新型コロナウイルスへの感染を含む「その他」が2万1028人で、前年比176%増と大きく増加しています。