令和3年度脳・心臓疾患の労災補償状況

厚労省から令和3年度の脳・心臓疾患の労災補償状況が公表されています。その概要を紹介します。

令和3年度の脳・心臓疾患の労災補償状況

 令和3年度の脳・心臓疾患の労災の請求件数は、753件でした。令和2年度から31件減少しています。労災かどうか?の決定が行われたのが525件で、その内、労災と認定されたのは172件でした。脳・心臓疾患の労災の認定率は32.8%でした。

 その内、過労死の請求件数は、173件でした。労災かどうか?の決定が行われたのは169件で、労災と認定されたのは57件でした。過労死の労災率は、33.7%でした。

 ちなみに、複数業務要因災害は、8件中2件が労災と認定されています。

業種別の労災請求件数

 脳・心臓疾患の労災請求権の多い業種の上位5つは、以下のとおりです。

 ①運輸業・郵便業:155件(内、過労死43件)

 ②建設業:105件(内、過労死27件)

 ③卸売業・小売業:92件(内、過労死23件)

 ④製造業:88件(内、過労死21件)

 ⑤医療・福祉:83件(内、過労死9件)

業種別の労災認定件数

 脳・心臓疾患で労災と認定された件数が多かった業種の上位5つは、以下のとおりです。

 ①運輸業・郵便業:59件(内、過労死22件)

 ②製造業:23件(内、過労死8件)

 ③卸売業・小売業:22件(内、過労死7件)

 ④建設業:17件(内、過労死5件)

 ⑤宿泊業・飲食サービス業:7件(内、過労死2件)

 なお、請求件数5位の医療・福祉は6件(内、過労死1件)でした。

業種別の労災認定件数②

 脳・心臓疾患で労災と認定された件数の多い業種をさらに絞ると、上位5つは以下のとおりです。

 ①運輸業・郵便業の道路貨物運送業:56件(内、過労死20件)

 ②建設業の総合工事:11件(内、過労死2件)

 ③他に分類されないサービス業のその他の事業サービス業:9件(内、過労死3件)

 ④卸売業・小売業のその他の小売業:6件(内、過労死3件)

 ⑤医療・福祉の医療業:5件(内、過労死1件)

 ⑤宿泊業・飲食サービス業の飲食店:5件(内、過労死2件)

職種別の労災認定件数

 脳・心臓疾患の労災と認定された件数の多い職種の上位5つは、以下のとおりです。

 ①輸送・機械運転従事者の自動車運転従事者:53件(内、過労死17件)

 ②管理的職業従事者の法人・団体管理職員:15件(内、過労死6件)

 ③専門的・技術的職業従事者の建築・土木・測量技術者:11件(内、過労死3件)

 ③販売従事者の営業職業従事者:11件(内、過労死2件)

 ⑤販売従事者の商品販売従事者:7件(内、過労死1件)

 ⑤保安職業従事者のその他の保安職業従事者:7件(内、過労死3件)

年齢別の労災認定件数

 脳・心臓疾患の労災認定件数を年齢別でみると、50代の67件(内、過労死20件)が最多です。次いで、40代の55件(内、過労死20件)、60代以上の36件(内、過労死11件)と続きます。

 20代・30代の労災認定件数が多い精神障害と比べると、40代以上の年齢が高い労働者が脳・心臓疾患で労災と認定されていることがわかります。

時間外労働時間数別の労災認定件数

 脳・心臓疾患で労災と認定された人を1か月又は2~6か月における1か月平均の時間外労働時間別にみると、上位は以下のとおりです。

 ①80時間以上100時間未満:63件(内、過労死22件)

 ②100時間以上120時間未満:38件(内、過労死12件)

 ③60時間以上80時間未満:29件(内、過労死11件)

 ④120時間以上140時間未満:10件(内、過労死2件)

 ⑤160時間以上:9件(内、過労死3件)

 短期間の過重業務異常な出来事を除けば、60時間未満で労災と認定されたものはありませんでした。20時間未満でも労災と認定される精神障害と比べると、脳・心臓疾患で労災と認定されるには、時間外労働時間数が重要な要素とされていることがわかります。