厚労省から平成30年の労働災害発生状況が公表されましたので,その概要を紹介します。

労働災害発生状況の概要

 平成30年の労働災害による死者は909人で前年より69人減少しました。しかし,休業4日以上の死傷者数は12万7329人で前年より6869人増加しています。

死亡災害

 製造業は前年比で14.4%増加しましたが,建設業,林業,陸上貨物運送業では減少しました。

 事故類型では,墜落・転落,交通事故,機械等のはさまれ・巻き込まれ,激突といった件数の多い労働災害が減少しています。

休業4日以上の死傷災害

 製造業,陸上貨物運送業,建設業,小売業,社会福祉施設,飲食店の第13次労働災害防止計画におけるすべての重点業種で件数が増加しています。

 事故類型では,転倒,墜落・転落,腰痛等(災害性腰痛の労災認定も参照)の動作の反動・無理な動作,機械等によるはさまれ・巻き込まれといった件数の多い事故類型で増加しています。

 特に,転倒は,全ての産業で前年を上回り,全産業で前年比10%以上の増加となっています。なお,転倒による死傷者数のうち,25.7%が60歳以上の女性で,女性の高齢者の労働災害が増加傾向にあるといえます。

業種別の労働災害発生状況

 業種別に労働災害発生状況の概要を簡単に紹介します。

製造業

 前述のとおり,死亡者数は前年比14.4%増加しました。死傷者数の前年比4.4%増加しています。

 事故類型では,機械等によるはさまれ・巻き込まれが最も多く,労働災害全体の25%以上を占めています。また,労働者の高齢化の影響により,転倒,腰痛等の動作の反動・無理な動作の件数が増加しています。

建設業

 死亡者数は,前年比4.3%減と減少しましたが,死傷者数は,前年比1.6%増と増加しています。

 事故類型では,墜落・転落が最も多く,全体の約40%を占めています。死亡災害では,交通事故の件数が大幅に減少しています。高温・低温物との接触,激突の死傷災害数は大幅に増加しています。

陸上貨物運送業

 死亡者数が前年比25.5%減と減少しましたが,死傷者数は7.6%増と増加しています。

 事故類型では,交通事故が最も多く,全体の約40%を占めています。墜落・転落といった荷役作業時の災害が増加しています。また,熱中症(熱中症の労災認定基準も参照)も増加しています。