令和3年労働災害発生状況②

厚労省から令和3年の労働災害発生状況の分析等が公表されました。業種別の労働災害発生状況の概要を紹介します。

製造業の労働災害発生状況

 製造業全体の死傷者数は、2万8605人で業種別の死傷者数では2位でした。これは、前年比2930人・11.4%増でした。事故類型の死傷者数では、機械等によるはさまれ・巻き込まれが最多で全体の22.7%を占めています。

業種別の死傷者数

 製造業をさらに業種別に分類すると、死傷者数の上位5つは、以下のとおりです。

 ①食品製造業:8890人

 ②金属製品製造業:4183人

 ③化学工業:2301人

 ④輸送用機械等製造業:2076人

 ⑤一般機械器具製造業:1881人

事故類型の死傷者数

 製造業の事故類型の死傷者数の上位5つは、以下のとおりです。

 ①はさまれ・巻き込まれ:6501人

 ②転倒:5332人

 ③墜落・転落:2944人

 ④動作の反動・無理な動作:2929人

 ⑤切れ・こすれ:2319人

陸上貨物運送業の労働災害発生状況

 陸上貨物運送業の死傷者数は、1万6732人で業種別の死傷者数の4位でした。前年比917人・5.8%増でした。事故類型の死傷者数は、墜落・転落が最多で26.9%を占めています。

事故類型別の死傷者数

 事故類型の死傷者数の上位は、以下のとおりです。

 ①墜落・転落:4496人

 ②動作の反動・無理な動作:2984人

 ③転倒:2813人

 ④はさまれ・巻き込まれ:1605人

 ⑤激突:1212人

 ⑥交通事故(道路):839人

 最多の墜落・転落の中でもトラックを起因物とするものが、3083人で68.6%を占めています。

建設業の労働災害発生状況

 建設業全体の死傷者数は、1万6079人で業種別の死傷者数では5位でした。これは、前年比1102人・7.4%増でした。事故類型の死傷者数は、墜落・転落が最多で30.3%を占めます。

業種別の死傷者数

 建設業の業種別の死傷者数の上位は、以下のとおりです。

 ①建築工事業:8403人

 ②土木工事業:4277人

 ③その他の建設業:3399人

事故類型の死傷者数

 建設業の事故類型の死傷者数の上位は、以下のとおりです。

 ①墜落・転落:4869人

 ②はさまれ・巻き込まれ:1676人

 ③転倒:1666人

 ④飛来・落下:1363人

 ⑤切れ・こすれ:1339人

 ⑥動作の反動・無理な動作:981人

 ⑦激突され:825人

 ⑧高温・低温物との接触:210人

小売業・社会福祉施設・飲食店の労働災害発生状況

 ①小売業・②社会福祉施設・③飲食店の死傷者数は、それぞれ、①1万6860人・②1万8421人・③5095人でした。事故類型の死傷者数は、いずれも転倒が全体の30%前後を占め、その割合が多くなっています。

 なお、社会福祉施設の事故類型の死傷者数は、業務上腰痛を含む動作の反動・無理な動作が最多で全体の35.5%を占めます。

小売業の事故類型の死傷者数

 小売業の事故類型の死傷者数の上位5つは、以下のとおりです。

 ①転倒:5893人

 ②動作の反動・無理な動作:2556人

 ③墜落・転落:1788人

 ④交通事故(道路):1552人

 ⑤切れ・こすれ:1132人

社会福祉施設の事故類型の死傷者数

 社会福祉施設の事故類型の死傷者数の上位5つは、以下のとおりです。

 ①動作の反動・無理な動作:4539人

 ②転倒:4336人

 ③墜落・転落:802人

 ④交通事故(道路):587人

 ⑤激突:657人

飲食店の事故類型の死傷者数

 飲食店の事故類型の死傷者数の上位4つは、以下のとおりです。

 ①転倒:1390人

 ②切れ・こすれ:901人

 ③高温・低温物との接触:757人

 ④動作の反動・無理な動作:435人