厚労省から精神障害(過労自殺)の労災補償状況について統計が公表されましたので,統計の数字を拾っておこうと思います。

精神障害の労災保険請求件数・支給決定数

 平成28年の精神障害での労災保険の請求件数は1586件でした。そのうち,過労自殺の請求件数は198件でした。

 平成28年の精神障害での労災認定件数は498件で認定率は36.8%でした。そのうち,過労自殺の認定件数は84件で認定率は47.7%でした。

精神障害の労災保険請求件数の多い業種

 厚労省の統計から精神障害の労災保険請求件数の多い職種の上位5つを取上げます。

①社会保険・社会福祉・介護事業

 請求件数は167件で,うち過労自殺の請求は5件でした。

②医療業

 請求件数は134件で,そのうち過労自殺は11件の請求がありました。

③道路貨物運送業

 請求件数は84件で,うち過労自殺の請求は9件でした。

④建設業の総合工事業

 請求件数は59件で,うち過労自殺の請求は9件ありました。

④情報サービス業

 請求件数は59件で,過労自殺の請求は8件ありました。

精神障害の労災認定件数の多い業種

 精神障害と労災認定された件数の多い業種の上位5つを厚労省の統計から取上げます。

①社会保険・社会福祉・介護事業

 認定件数は46件で,うち過労自殺は3件でした。

②医療業

 認定件数は32件で,そのうち過労自殺の認定件数は5件でした。

③建設業の総合工事業

 認定件数は27件で,うち過労自殺は9件認定されています。

④道路貨物運送業

 認定件数は26件で,そのうち過労自殺は4件でした。

④飲食店

 認定件数は26件で,うち過労自殺は2件でした。

精神障害の労災保険請求件数の多い職種

 精神障害の労災保険請求件数の多い職種の上位5つを厚労省の統計から取上げます。

①一般事務従事者

 請求件数は198件で,そのうち過労自殺は13件でした。

②営業職業従事者

 請求件数は112件で,そのうち過労自殺は17件でした。

③商品販売従事者

 請求件数は98件で,そのうち過労自殺の請求は9件ありました。

④自動車運転従事者

 請求件数は90件で,うち過労自殺は2件請求がありました。

⑤法人・団体管理職員

 請求件数は84件で,うち過労自殺の請求は22件ありました。

精神障害の労災認定件数の多い職種

 厚労省の統計から精神障害の労災認定件数の多い職種の上位5つを取上げます。

①一般事務従事者

 認定件数は47件で,うち過労自殺は4件でした。

②営業職業従事者

 認定件数は37件で,そのうち過労自殺の認定は9件でした。

③法人・団体管理職員

 認定件数は29件で,うち過労自殺は5件でした。

④自動車運転従事者

 認定件数は26件で,うち過労自殺の認定は1件でした。

⑤商品販売従事者

 認定件数は25件で,そのうち過労自殺は2件認定されています。

精神障害の時間外労働時間別労災認定件数

 精神障害の労災認定において,長時間労働は業務上の心理的負荷として考慮されます(長時間労働の精神障害の労災認定基準での取扱い参照)。実際の労災認定における時間外労働時間数を見てみましょう。

 1か月の時間外労働時間数が20時間未満でも84件が労災と認定されています。20時間以上40時間未満で43件,40時間以上60時間未満で41件,60時間以上80時間未満で24件がそれぞれ労災と認定されています。

 80時間以上100時間未満は23件,100時間以上120時間未満は49件,120時間以上140時間未満は38件,140時間以上160時間未満は19件がそれぞれ労災と認定されています。

 そして,特別な出来事に該当する160時間以上では52件が労災と認定されています。