厚労省から平成30年度の「精神障害の労災補償状況」が公表されていましたので,その概要を紹介します。

平成30年年度 精神障害の労災補償状況

 平成30年度は,1820件の請求件数に対し,1461件について決定がなされました。労災と認定されたのは,465件で認定率は31.8%でした。

 その内,過労自殺は,200件の請求件数に対し,199件で決定がなされました。労災と認定されたのは76件で,認定率は38.2%でした。

 なお,請求件数は,平成29年度より88件増加しています。

業種別の請求件数

 業種別で最も請求件数が多かったのは,医療・福祉の社会保険・社会福祉・介護事業の192件(内6件が過労自殺)でした。

 以下,請求件数の多い順に次のとおりとなっています。

 医療・福祉の医療業の127件

 運輸業・郵便業の道路貨物運送業の89件

 建設業の総合工事業の68件

 情報通信業の情報サービス業の65件

 宿泊業・飲食サービス業の飲食店の58件

 サービス業のその他の事業サービス業の56件

 製造業の輸送用機械器具製造業の54件

 卸売業・小売業のその他の小売業の52件

業種別の認定件数

 業種別で最も労災と認定された件数が多かったのは,運輸業・郵便業の道路貨物運送業で37件(内5件が過労自殺)でした。

 医療・福祉の医療業,社会保険・社会福祉・介護事業の35件,建設業の総合工事業の23件,宿泊業・飲食サービス業の飲食店の20件と続きます。

職種別の認定件数

 精神障害が労災と認定された職種で最も多いのは,事務従事者の一般事務従事者で41件(内9件が過労自殺)でした。

 以下は,次のとおりです。

 販売従事者の営業職従事者の38件

 輸送・機械運転従事者の自動車運転従事者の35件

 管理的職業従事者の法人・団体管理職員の32件

 専門的・技術的職業従事者の建築・土木・測量技術者の23件

 販売従事者の商品販売従事者の23件

 専門的・技術的職業従事者の保健師・助産師・看護師の22件

 サービス職業従事者の介護サービス職業従事者の20件

年齢別の認定件数

 精神障害の労災認定件数を年齢別でみると,40代の145件が最も多く,次いで30代の122件,50代の81件と続きます。

時間外労働時間別の認定件数

 1か月平均の時間外労働時間でみると,20時間未満の82件が最も多く,長時間労働以外の心理的負荷が原因で,精神障害が労災と認定されていることがわかります。

 100時間以上120時間未満の61件が次に多く,長時間労働による精神障害は,労災と認められやすいと言えるでしょう。

 また,心理的負荷が極度と認められる等,労働時間を調査するまでもなく明らかに労災と認定した件数が112件ありました。

精神障害の出来事別の認定件数

 精神障害が労災と認定された中で,最も多く認定された出来事の類型は,「仕事内容・仕事量の(大きな)変化を生じさせる出来事があった」と「(ひどい)嫌がらせ,いじめ,又は暴行を受けた」の69件でした。

 次いで,「悲惨な事故や災害の体験,目撃をした」の56件,特別な出来事の55件,「1か月に80時間以上の時間外労働を行った」の45件と続きます。