大阪労働局から平成30年度の「過労死等の労災補償状況」が公表されていましたので,その概要を紹介します。

平成30年度過労死等の労災補償状況

 厚労省から公表された,平成30年度精神障害の労災補償状況は,すでに紹介しました(平成30年度精神障害の労災補償状況)が,大阪労働局からも平成30年度「過労死等の労災補償状況」が公表されています。今回は,その内,大阪労働局管内の平成30年度の精神障害の労災補償状況について紹介します。

平成30年度大阪労働局管内の精神障害の労災補償状況

 平成30年度は,180件の請求件数に対し,労災と認定されえたのは,30件でした。全国では,1820件の請求件数があったので,大阪労働局管内の件数は,約10%ということになります。請求件数は,平成29年度より18件増加しています。

 上記の内,未遂を含む過労自殺は,18件の請求件数に対し,労災と認定されたのは7件でした。

業種別の請求件数

 業種別で最も請求件数が多かったのは,医療・福祉の32件(過労自殺0件)でした。以下,製造業の32件,運輸業・郵便業と卸売・小売業の28件と続きます。

業種別の認定件数

 業種別で最も労災と認定された件数が多かったのは,卸売・小売業の5件(内1件が過労自殺)でした。以下,製造業と建設業の4件が続きます。

職種別の認定件数

 精神障害が労災と認定された職種で最も多いのは,専門的・技術的職業従事者の12件(内3件が過労自殺)でした。以下は,販売従事者の5件が続きます。

年齢別の認定件数

 精神障害の労災認定件数を年齢別でみると,30代の9件が最も多く,次いで40代の8件と続きます。

時間外労働時間別の認定件数

 1か月平均の時間外労働時間でみると,20時間未満の8件が最も多く,次いで100時間以上120時間未満,160時間以上の5件と続きます。

精神障害の出来事別の認定件数

 精神障害が労災と認定された中で,最も多く認定された出来事の類型は,「1か月に80時間以上の時間外労働を行った」の6件でした。次いで,「仕事内容・仕事量の(大きな)変化を生じさせる出来事があった」と「特別な出来事」が5件と続きます。