労基署は不親切?

エソラ
労災で後遺障害が認定されたのですが,等級は正しいのでしょうか?
弁護士
何か,お持ちいただいている資料はありますか?
エソラ
労基署からのハガキがあります。
弁護士
他に診断書などは,お持ちですか?
エソラ
いいえ,ありません。

 

 労災の相談でよくある場面です。交通事故の自賠責保険と違って,労災保険では,後遺障害の等級が認定されてもその理由は,決定通知書には,記載されていません。不支給決定の場合も結論のみが記載されます。

 したがって,決定通知書のみをお持ちいただいても,労基署の判断が妥当かどうかは,わかりません。では,どうするのか?

労基署に聞いてみる

 一番,手っ取り早いのは,労基署の担当官に電話で聞くことです。おそらく,ごく簡単に理由を教えてくれると思います。ただし,詳細までは,教えてもらえません。なので,審査請求を考えているのであれば,不十分です。

保有個人情報開示請求を行う

 労働局に保有個人情報の開示請求を行います。それによって,障害補償給付についていえば,①事務官が作成した障害認定調査復命書,②労災医員が作成した障害の認定に関する意見書,③本人が書いた予診表や診断書等が開示されます。

 個人情報の開示請求なので,労働者本人以外が作成した資料・本人以外の氏名や印影などは,開示されません。後遺障害の関係でいえば,障害認定調査復命書があれば,労基署の判断はわかります。

 脳・心臓疾患や精神障害などで,そもそも,労災と認定されなかった場合は,大半の資料が黒塗りにされ,開示されず,必ずしも十分とはいえません。

とりあえず,審査請求をやってみる

 個人的には,保有個人情報開示請求を先行すべきだと考えますが,審査請求の期限が迫っている場合などは,とりあえず,審査請求をやってみるのも方法です。審査請求を行うにあたって,手数料などは不要です。

 審査請求がなされると,労働保険審査官は,原処分庁である労基署に意見の提出を求めます。提出された意見書は,コピーを審査請求人に送ってもらえます。そう,この段階で,労基署の判断を知ることができます。

 平成28年4月1日,法律が改正され,審査請求を行うと,労基署長から提出された一件記録の閲覧・謄写を求めることができるようになりました。

 審査請求を行うに当たって,意見書や証拠を後から提出することができるので,とりあえず,審査請求をやって,記録を閲覧・謄写するということも可能です。