平成28年の業務上疾病の発生状況について,厚労省から統計が発表されていますので,一部を紹介します。

平成28年業務上疾病発生状況

 厚労省からは,業種別・疾病別に統計が発表されていますが,疾病別の業務上疾病の発生状況について取り上げます。

負傷に起因する疾病

 全体で5598件発生し,その内26件は死亡例です。災害性腰痛が4722件発生しており,負傷に起因する疾病の大部分を占めています。

物理的因子による疾病

 異常温度条件による疾病が最も多く650件発生しています。その内の462件は熱中症で12件が死亡例です。

作業態様に起因する疾病

 頸肩腕症候群が最も発生件数が多く153件となっています。重激業務による運動器疾患と内臓脱が75件で続きます。非災害性腰痛は29件発生しています。

 その他の作業態様に起因する疾病が53件発生していて,内1件が死亡例です。

その他の疾病

 がんを除く化学物質による疾病が213件発生し,内1件が死亡例です。じん肺症は210件発生しています。病原体による疾病は125件発生し,内1件が死亡例です。

脳・心臓疾患

 過重な業務による脳・心臓疾患は65件発生し,その内,過労死は29件でした。

精神障害

 強い心理的負荷を伴う業務による精神障害は78件で,内過労自殺は7件でした。

その他の業務に起因することが明らかな疾病

 業務上疾病として列挙されていないが労災と認定されたものは,78件で,内7件が死亡例でした。