遺族(補償)給付

 労働災害(労災事故,業務上疾病)によって,労働者が死亡した場合,遺族補償年金,遺族補償一時金,遺族特別年金・遺族特別維持金,遺族特別支給金が遺族に対して支給されます。

 今回は,遺族補償一時金について説明します。他の遺族(補償)給付である遺族補償年金については,遺族(補償)年金をご覧ください。

遺族補償一時金の支給要件

 遺族補償一時金は,遺族補償年金を受給できる遺族がいない場合に,その他の遺族に対して支給される労災保険給付です。まず,被災労働者の死亡当時,遺族補償年金を受給できる遺族がいない場合,他の遺族は遺族補償一時金を受給できます。

 また,遺族補償年金の受給権者の権利が消滅した場合で,他に遺族補償年金の受給権者がおらず,かつ,すでに支払われた遺族補償年金の合計額が給付基礎日額の1000日に達していない場合,他の遺族は遺族補償一時金を受給できます。

受給権者の順位

 遺族補償年金の受給権者は,次の順位のうち,最順位の遺族に支給されます。

 (1)配偶者

 (2)労働者の死亡当時その収入によって生計を維持していた子,父母,孫,祖父母

 (3)その他の子,父母,孫,祖父母

 (4)兄弟姉妹

 なお,(2)と(3)については,子→父母→孫→祖父母の順位になります。遺族補償一時金の受給権者が複数いる場合は,受給権者の人数で割った金額をそれぞれ受給することになります。

支給内容

 遺族補償一時金は,給付基礎日額の1000日分が支給されます。また,遺族特別一時金として算定基礎日額の1000日分が支給されます。遺族特別一時金300万円についても支給されます。

 すでに他の遺族が遺族補償年金を受給していた場合は,支払済みの合計額が控除されて支給されます。