通勤途中の災害は業務上災害ではない

 通勤は労働者の業務に必然的に伴うもので,業務と密接に関連しているといえます。しかし,通勤は,使用者の支配管理下にあるわけではなく,業務遂行性は認められません。

 したがって,通勤途中の災害は業務上災害ではありませんが,労災保険は通勤災害として保護をしています(通勤災害と労災参照)。

業務上災害と通勤災害では,業務上災害の方が労働者に有利

 労災保険の給付に関しては,業務上災害と通勤災害では,ほぼ違いはありません。労基法との関係では,業務上災害の方が労働者に有利になっています(業務上災害と通勤災害の違い参照)。

通勤途中の災害が業務上災害になる場合がある

 通勤途中の災害であっても,業務の性質を有するものは,業務上災害と認定されます。通勤途中の災害が業務上災害と認定されるのは,2つの場合があります。

①事業主が専用の交通機関を労働者の通勤の用に供している場合

 交通機関の利用に起因する災害は,業務上災害と認定されます。交通機関の構造上,機能上,管理上,運行上の欠陥に起因するものが該当します。

 専用の交通機関とは,労働者のための専用の交通機関であるという趣旨です。事業主が所有している必要はなく,第三者に運行を委託している場合も含まれます。

②出勤途中または退勤途中で用務を行う場合

 この場合に,業務遂行性があるかどうかは,次の観点から判断されます。

 (1)事業主の命令があったかどうか

  業務命令がない場合,労働者の職務上当然に行うことが予想させる用務であったか

 (2)用務の遂行に当たり,通常の通勤時間,順路,方法等と著しく異なった時間,順路,方法等による必要があったかどうか