精神障害は完治しない?

 うつ病をはじめとする精神障害には,完治という概念がないようです。症状が現れなくなった状態又は安定している状態を「寛解」といいます。

 労災保険では,寛解し,通常の就労(1日8時間の労働)ができる状態であれば,治ゆ,つまり,症状固定の段階にあると判断します。

 精神障害は,寛解した後も再発することが多々あります。また,治ゆの状態に至らずに職場復帰したため,精神障害が悪化することもよく見られます。このような精神障害の再発と悪化が労災の認定において,どのように扱われるのか?を見てみましょう。

精神障害の治ゆ

 労災保険では,次の場合,精神障害が治ゆしたと考えています。

 ①医学的なリハビリテーション療法の実施後,終了した状態

 ②投薬等の治療が続いていても寛解と診断され,通常の就労が可能な状態

精神障害が再発した場合

 精神障害の再発は,被災労働者が精神障害を発症していたが,治ゆの状態になり,その後,業務による心理的負荷を受け,精神障害を発症した場合ということになります。

 再発の場合,以前の精神障害と今回の精神障害は,別個のものとして判断します。再発した精神障害について,通常の精神障害と同じように,精神障害の労災認定基準に従って,業務による強い心理的負荷があったかどうかを判断します。

精神障害が悪化した場合

 精神障害の悪化は,被災労働者がり患していた精神障害が治ゆする前に,業務による心理的負荷を受け,精神障害の症状が悪化した場合ということになります。

 この場合,精神障害が悪化する前に,業務による強い心理的負荷があったとしても,労災とは認定されることはありません。ただし,「特別な出来事」に該当する事実があり,その後おおむね6か月以内に自然的経過を超えて著しく悪化したと医学的に認められる場合,悪化した部分についてのみ,労災と認定されます(特別な出来事参照)。

精神障害は,再発したのか?悪化したのか?

 精神障害の再発と悪化では,取扱いが大きくことなります。悪化の場合のハードルは非常に高いです。精神障害が治ゆしていたかどうかは,主治医の意見が大きく影響します。

 なお,労災かどうかを最終的に判断するのは,裁判所です。裁判所は,精神障害の悪化の場合でも,労災の認定基準よりは,緩やかに業務起因性を判断しています。