ウィルス肝炎の労災認定基準について取上げます。

ウィルス肝炎と労災

 ウィルス肝炎は,A型,B型,C型,D型,E型が存在します。B型肝炎とC型肝炎は,手術や人工透析等の際に注射針等によって,感染者の血液が付着し感染することがあります。

 そこで,医師,看護師,介護業務従事者や研究者が業務遂行中にB型肝炎又はC型肝炎に感染した場合,業務上疾病として扱われます。

C型肝炎,エイズ及びMRSA感染症に係る労災保険における取扱いについて(平成5年10月29日基発第619号)

 ウィルス肝炎のうち,C型肝炎について,労災認定基準が定められています。認定基準は,急性肝炎と慢性肝炎に区分しています。

C型急性肝炎

 以下の要件をすべて充足する場合は,労災と認定されます。

 ①C型急性肝炎の症状が見られる

 ②HCVに汚染された血液等を取扱う業務に従事し,かつ,当該血液等に接触した

 ③HCVに感染したと推定される時期からC型急性肝炎の発症までの時間的間隔がC型急性肝炎の潜伏期間と一致する

 ④C型急性肝炎の発症以後,HCV抗体又はHCV-RNAが陽性と診断されている

 ⑤業務以外の原因によるものでない

C型慢性肝炎

 上記のC型急性肝炎の要件をすべて満たす業務に起因するC型急性肝炎の既往事実があると認められる場合のC型慢性肝炎については,労災と認定されます。

 C型急性肝炎の既往事実が確認できない場合は,受傷等が認められ,受傷後のHCV抗体が陽性化する等,受傷以前からHCV感染が明らかに否定され,かつ,業務以外の原因によるものでない場合に労災と認定されます。