鉛,その合金又は化合物による疾病の労災認定基準を取上げます。

鉛,その合金又は化合物による疾病の認定基準について(昭和46年7月28日基発第550号)

 鉛,その合金又は化合物による疾病については,この認定基準に従って,労災認定が行われます。

労災認定基準

 鉛,その合金または化合物を取り扱い,あるいはそれらのガス,蒸気もしくは粉じんにさらされる業務に従事しているかまたはその業務に従事していた労働者が,次の各項の何れかに該当する場合は,労災と認定されます。認定基準においては,3つの類型を規定しています。

 (1)以下のすべてに該当する場合

 ①鉛中毒を疑わせる末梢神経障害,関節痛,筋肉痛,腹部の疝痛,便秘,腹部不快感,食欲不振,易労感,倦怠感,睡眠障害,焦燥感,蒼白等の症状が2種以上認められること

 ②尿1リットル中に,コプロポルフィリンが150マイクログラム以上検出されるかまたは尿1リットル中にデルタアミノレブリン酸が6ミリグラム以上検出されるものであること。

 ③血液1デシリットル中に,鉛が60マイクログラム以上検出されるかまたは尿1リットル中に,鉛が150マイクログラム以上検出されるものであること。

 (2)以下のすべてに該当すること

 ①血色素量が,血液1デシリットルについて常時男子12.5グラム,女子11.0グラム未満であるかもしくは全血比重が男子1.053,女子1.050未満であるか,または赤血球数が血液1立方ミリメートル中,常時男子420万個,女了370万個未満であって,これらの貧血徴候の原因が,消化管潰瘍,痔核等の事由によるものでないこと。なお,常時とは,日を改めて数日以内に2回以上測定した値に大きな差を認めないものをいう。ただし,赤血球については,同時に貧血に関する他の数項目を測定した場合,それらに一定の傾向があった時はこの限りでない。また,採血は空腹時に行なうものとする。

 ②1週間の前と後の2回にわたり尿1リットル中にコプロポルフィリンが150マイクログラム以上検出されるかまたは,尿1リットル中にデルタアミノレブリン酸が6ミリグラム以上検出されるものであること。

 (3)鉛の作用によることの明らかな伸筋麻痺が認められること