労災保険の業務上疾病のうち,高山病・航空減圧症を取上げます。

高山病・航空減圧症

 気圧の低い場所における業務による高山病又は航空減圧症は,業務上の疾病として,例示列挙されています。

気圧の低い場所

 高所に行くに従って,気圧・空気中の酸素量は減少します。減圧・酸素欠乏等が高山病・航空減圧症の原因です。

 気圧の低い場所とは,一般には,大気よりも低い気圧の場所をいいますが,健康上特に有害な業務に関する通達(昭和23年8月12日基発1178号)は,低気圧下における業務を,海抜3000メートル以上の高山等における業務をいうとしています。

高山病・航空減圧症が発症しやすい業務

 高山における気象観測,植樹等の労働や航空機乗務などの業務が挙げられます。

高山病・航空減圧症の症状・障害

 高山病・航空減圧症とは,高山労働,航空機乗務等の業務に従事した際に,主として急激に高度が上がって減圧させることで生じるベンズ,チョークス又は精神神経障害を主たる症状とする症状・障害とする疾病とされています。

業務上外の認定

 一般的認定要件として,おおむね,以下の要件が必要とされています。

 (1)業務の態様,従事機関からみて当該業務が疾病の発生原因とするに足りるもの

 (2)当該疾病に特有な症状,医学経験則上通常起こりうると認められる症状が見られる

 (3)業務以外の他の原因によるものではない