超硬合金の粉じんを飛散する場所における業務による気管支肺疾患の労災認定について取上げます。

超硬合金の粉じんを飛散する場所における業務による気管支肺疾患(昭和56年2月2日基発66号)

 超硬合金の粉じんにさらされる環境下において業務に従事することにより発生する気管支肺疾患は業務上疾病として労災認定されます。

超硬合金

 超硬合金とは,炭化タングステン等とコバルトを混合し,焼結して得られる合金のことで,切削工具の刃先,ダイス等に使用されます。

超硬合金の粉じん

 超硬合金を製造する工程において発生する粉じんで,その成分は炭火タングステン等の金属炭化物(その用途により,炭化チタン,炭化タンタル等が添加されることがある。)とコバルトとが混合したものです。なお,超硬合金を研磨する工程において発生する粉じんも,同成分である限り,これに該当するとされています。

超硬合金の粉じんを飛散する場所における業務

 炭化タングステン等の金属炭化物とコバルトを混合する業務,超硬合金組成粒を加圧し半焼結したものを成型加工する業務,焼結後の超硬合金を研磨する業務等が該当します。超硬合金工具等を用いて金属等の切削,加工等を行う業務では,超硬合金の粉じんが飛散するおそれはまずないとされています。

気管支肺疾患

 気管支肺疾患には次の2つがあります。

間質性肺疾患

 初期段階では,咳,労作時の呼吸困難及び心悸亢進が特徴で,進行すると,肺基底部にラ音が聴取され,又バチ指が見られます。進行した段階では,間質性肺線維症へと進展することがあり,胸部X線像及び肺機能検査からは,じん肺に似た臨床像が見られます。

外因性の喘息様気管支炎

 感作型(主にアレルギー性)の喘鳴を伴う咳の発作が偶発的に発生するもので,作業から離脱すると軽快し,作業に復帰すると再発します。